クライアントアクセスライセンス(CAL)

CALは、BIMcloud Studioでプロジェクトに参加するユーザーごとに必要です。確保されたCALは、同じBIMcloud Studio上の全てのプロジェクトに参加することを可能にします。
ユーザーが複数のBIMcloud Studioで複数のプロジェクトに関わっている場合は、各BIMcloud Studioがそのユーザー用に追加CALを確保します。
BIMcloud ManagerはCALの確保をすることなく、ご利用になれます。
もしユーザーのCALが不足している場合、ユーザーは強制的にオフラインになります。
BIMcloud StudioはNamed CALを使用します。

サブトピック

Named CAL

Named CALは、ユーザーに事前に割り当てる必要があります。誰にも割り当てられていない場合、BIMcloud ManagerはNamed CALを使用しません。 BIMcloud Managerは、ユーザーに割り当てられた瞬間にNamed CALを確保します。このライセンスは、(ユーザーがライセンスを無効にするまで)無期限に確保されます。この場合、Named CALのオーナーは、BIMcloudのプロジェクトに常に参加できます。 ユーザーにCALを割り当てるには、BIMcloud Manager…