Named CAL

Named CALは、ユーザーに事前に割り当てる必要があります。誰にも割り当てられていない場合、BIMcloud ManagerはNamed CALを使用しません。
BIMcloud Managerは、ユーザーに割り当てられた瞬間にNamed CALを確保します。このライセンスは、(ユーザーがライセンスを無効にするまで)無期限に確保されます。この場合、Named CALのオーナーは、BIMcloudのプロジェクトに常に参加できます。
ユーザーにCALを割り当てるには、BIMcloud Manager アプリケーションのユーザー設定画面を開き、CALの割り当てボタンをクリックします。ライセンスの無効化もボタンで同じように無効にします。
注記: アクセスおよび、これらのコマンドを使用するには、ライセンスの管理権限が必要になります。