クライアントアクセスライセンス(CAL)

CALは、BIMcloudでプロジェクトに参加するユーザーごとに必要です。確保されたCALは、同じBIMcloud上の全てのプロジェクトに参加することを可能にします。
ユーザーが複数のBIMcloudで複数のプロジェクトに関わっている場合は、各BIMcloudがそのユーザー用に追加CALを確保します。
BIMcloud ManagerはCALの確保をすることなく、ご利用になれます。
もしユーザーのCALが不足している場合、ユーザーは強制的にオフラインになります。
BIMcloudでは、以下の2つのCALタイプを使用できます:
Named
フローティング
BIMcloudソリューションは、上記のCALタイプのいずれかを選ばなくてはなりません。(Named CALとフローティングCALをBIMcloud Manager上で混在させることはできません。)

サブトピック

Named CAL

Named CALは、ユーザーに事前に割り当てる必要があります。誰にも割り当てられていない場合、BIMcloud ManagerはNamed CALを使用しません。 BIMcloud Managerは、ユーザーに割り当てられた瞬間にNamed CALを確保します。このライセンスは、(ユーザーがライセンスを無効にするまで)無期限に確保されます。この場合、Named CALのオーナーは、BIMcloudのプロジェクトに常に参加できます。 ユーザーにCALを割り当てるには、BIMcloud Manager…

フローティングCAL

フローティングCALはNamed CALに非常に良く似ていますが、1つだけ大きく違う点があります。フローティングCALはユーザーに割り当てられていない限り、誰でもオンデマンドで使用できるという点です。 オンデマンドで確保されたフローティングCALは、ユーザーがBIMcloud上のプロジェクトから退出するまで確保され続けられます。 注記:…