BIMcloudのライセンス

GRAPHISOFT BIMcloud ソリューションでは、以下の3つのライセンスが必要です:
BIMcloud ライセンス
BIMcloud Server ライセンス
クライアントアクセスライセンス(CAL)
注記:BIMcloud Delta Cacheのライセンスは、BIMcloud Serverライセンスに含まれており、BIMcloud Delta Cacheを制限なくインストールできます。
BIMcloud Manager構成要素は、全てのライセンス管理タスクを中央で処理します。BIMcloudライセンスのプロテクトキーへのアクセスが必要なBIMcloudコンポーネントは他にありません 。(当然、ArchiCADはArchiCADプロテクトキーへのアクセスが必要です)
現在使用可能なライセンスと使用中のライセンスの詳細を表示するには、BIMcloud Managerを開き、→[BIMcloud Manager]→[ライセンス]パネルを選択します。

サブトピック

BIMcloud ライセンス

GRAPHISOFT BIMcloud ソリューションのメインライセンスで、BIMcloud Managerによって確保されます。このライセンスがない場合、BIMcloud上の全てのプロジェクトはオフラインになります。

BIMcloud Server ライセンス

ペアとなったBIMcloud Serverにはそれぞれ独自のBIMcloud Serverライセンス(ペアリングプロセスでBIMcloud Managerが確保)が必要で、BIMcloud Serverが切断されるまで使用されます。BIMcloud Serverライセンスがない場合、その特定のBIMcloud Serverでホストされる全てのプロジェクトはオフラインです。

クライアントアクセスライセンス(CAL)

CALは、BIMcloudでプロジェクトに参加するユーザーごとに必要です。確保されたCALは、同じBIMcloud上の全てのプロジェクトに参加することを可能にします。 ユーザーが複数のBIMcloudで複数のプロジェクトに関わっている場合は、各BIMcloudがそのユーザー用に追加CALを確保します。 BIMcloud ManagerはCALの確保をすることなく、ご利用になれます。 もしユーザーのCALが不足している場合、ユーザーは強制的にオフラインになります。…