改訂管理

直感的に使用できる新しい機能セットにより、発行したドキュメンテーションでのレイアウトの改訂管理が容易になりました。ArchiCADでは、影響を受ける全てのレイアウトに対するモデルベースの変更を自動的に追跡します。プロジェクトの使用期間全体にわたって、変更、レイアウト改訂、バージョンを定義および管理します。

サブトピック

直感的な変更管理

新しい変更ツール:ワンクリックで変更項目を作成し、オプションのクラウドおよび/またはマーカーを追加します。 「要素を変更」に対してリンク/リンク解除できます。 正しいレイアウト改訂に対して、変更が自動的に追加されます。 必要に応じて、レイアウト上の変更マーカーの表示/非表示を切り替えることができます。 任意のカスタム変更データを追加できます。 変更マネージャで全てのプロジェクトの変更を表示および管理します。

高度なレイアウト改訂

最後のバージョンと比較して新しい変更がレイアウトに表示されると、新しいレイアウト改訂がすぐに自動的に作成されます。 レイアウトの改訂記録(カスタマイズ可能なGDLオブジェクト)は、レイアウト固有の最新の変更とともに自動的に更新されます。 現在のバージョンにレイアウトを追加すると、新しい改訂のレイアウトが自動的に追加されます。 変更および改訂への番号付けは、フレキシブルに行うことができます。

見やすいフィードバックと作成しやすいレポート

新しい改訂のレイアウトと、現在のバージョンの一部であるレイアウトがカラーコードで区別されます。 事前に定義されたプロジェクトインデックスを使用して、変更リスト、バージョンリスト、転送レポートをワンクリックで作成できます。