レンダリング

新しく統合されたCineRenderエンジン:ハイエンドなレンダリングにより作業が簡素化
マルチプロセッシングでハードウェアの性能をフル活用し、レンダリング時間を大幅に短縮します。
グローバルイルミネーション(GI)により、実写真のような光源条件を実現します。
明確な光源だけでなく他の表面からの反射光も考慮
その他の光源の追加/設定は不要
バックグラウンド処理を使用すると、ArchiCADでの作業中でもレンダリングエンジンはバックグラウンドで動作します。
HDRI サポート:パッケージに付属のハイダイナミックレンジ画像(HDRI)により、リアルな環境を簡単に作成できます。
Physical Skyプリセット:指定した時間と場所によってさまざまな気象条件を表示する、すぐに使える環境プリセットです。
ホワイトモデルエフェクトは、コンセプトをすぐにビジュアル化するために光源と形状のみに特化されています。
内蔵のフィジカルエンジンは、カメラを使い慣れていて抽象的なレンダリングパラメータを扱いたくないユーザーに最適です。
写真でおなじみのパラメータを使用して、シーンをすばやく設定できます。
生成物を継続的に改善するには、エンジンのプログレッシブモードを使用します。
Cinema4D へのモデルのエクスポートの際に全ての設定をエクスポートすると、ビジュアリゼーション性能をより向上することができます。

サブトピック

ワンクリックで設定にアクセスするモードレスレンダリングパレット

レンダリングプレビューでは、レンダリング設定の変更が即座にフィードバックされます。 レンダリングプリセット(シーン)は、そのまますぐに使用することができます。複雑なパラメータを設定しなくても、レンダリングボタンを押すだけで十分です。 レンダリング設定の ユーザーインターフェイスは、展開/縮小することができます。 - 使い始めて間もない場合は、非常にシンプルな画面設定をお勧めします(基本表示) -…

豊富なデフォルトコンテンツ:IESサポート

事前に設定された光源と実写真のC4D材質の膨大なコレクションを備えています。 デフォルトのライブラリコンテンツの中から標準の照明や光源を幅広く選択することができ、C4D光源エフェクトも全てサポートされています。 リアルな光源のシミュレーションを行うために、IES形式で光源を作成しているメーカーからコンテンツをロードすることができます。 材質のコンテンツとインターフェイスが改善されています(下記を参照)。