設定

ArchiCADを起動

プログラムを起動するには、プログラムフォルダ内のArchiCADアイコンをダブルクリックします。 [ArchiCADを起動]ダイアログボックスが表示されます。 最上部のセクション[操作を選択]で、次のいずれかの操作を選択します。 新規プロジェクトを作成 または プロジェクトを開く 新規プロジェクトを作成 ArchiCADの空のプロジェクトを新規作成します。 このオプションを選択すると、下の[操作を選択]セクションに新規プロジェクトの設定のため選択項目が2つ表示されます。 1…

単独ユーザープロジェクトを新規作成する

[ファイル]→[新規作成]→[新規作成]を使用して新しい単独ユーザープロジェクトを作成します(ファイル拡張子:.pln)。 注記:[新規作成]コマンドを選択するときにAlt(Opt)キーを押したままにすると、コマンド名が[新規作成して全てをリセット]に変わり、自動的にデフォルトのプロジェクト設定が使用されます。 [新規プロジェクト]ダイアログボックスが表示されます。[テンプレートの設定を使用]または[最後の設定を使用]のいずれかをクリックします。 テンプレートの設定を使用…

単独ユーザープロジェクトを開く

単独ユーザープロジェクトを開くには、[ファイル]→[開く]→[開く…]を使用します。 現在のウィンドウでGDLオブジェクトが開かれている場合、このコマンドは使用できません。 「 ArchiCADで開くことができるファイルタイプ」も参照してください。 [ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。必要なプロジェクトを参照します。…

単独ユーザープロジェクトを閉じる

[ファイル]→[閉じる]を使用して平面図を閉じると、プロジェクト全体が閉じます。変更を加えた場合は、変更内容を保存するよう求めるメッセージが表示されます。外部ファイル(GDLオブジェクトウィンドウ、画像) は開いたままになります。 複数のウィンドウを同時に開いたままでプロジェクトを保存または終了した場合、次にそのプロジェクトを開くときに、そのウィンドウが再現されます。ウィンドウの再構築が必要な場合は特に、全てのウィンドウ再現に時間がかかることがあります。…

ArchiCADから保存

プロジェクトを保存するには、[ファイル]→[保存]を使用します。 [ファイル]→[名前を付けて保存]を選択すると、プロジェクトを新しい名前で保存したり、アーカイブできます。現在のウィンドウの内容を各種ファイル形式で保存もできます。使用可能なオプションの一部は、現在ロードされているアドオンのセットによって異なる場合があります。一部のファイル形式は2Dのみまたは3Dのみの形式です。 「 ArchiCADで保存するファイルタイプ」を参照してください。 リストウィンドウから保存…

ファイルの圧縮

ArchiCADの特定のファイルの種類(.pln、.tpl、.pla、.mod)を保存するときに保存ダイアログボックスの[オプション]ボタンを押すと、ファイルを圧縮するかどうかを選択するオプション([ファイルを圧縮]オプション)が表示されます。…

テンプレートファイル

テンプレートは、拡張子.tplが付いた読み取り専用のプロジェクトファイルです。テンプレートには全てのプロジェクト設定、配置された要素およびプロジェクトのツールのデフォルト設定が含まれます。 ArchiCAD には、デフォルトライブラリと一緒にデフォルトテンプレートファイルが同梱されています。インストール時に、デフォルトテンプレートはデフォルトフォルダ内に保存されます。 デフォルトフォルダの場所は以下のとおりです。 Windowsの場合は、C:\Program…

バックアップファイル

バックアッププロジェクトファイル(.bpn)を開くと、破損したプロジェクトファイルを最新のバックアップコピーから復元することができます。ただし、[バックアップコピーの作成]チェックボックス([オプション]→[作業環境]→[データ保護/完全性])がオンになっている必要があります。 データ保護と完全性

アーカイブファイル

アーカイブとして保存されたドキュメントは、プロジェクトで定義されているライブラリ部品(ライブラリコンテナファイル内に拡張子.lcfで収容)およびプロパティと一緒に格納されます。以下に示す場合など、プロジェクトで参照する全てのファイルを含めるときにはアーカイブ形式をお勧めします。 プロジェクトを別のコンピュータに移動 完成したプロジェクトの保存 プロジェクトをアーカイブ形式で保存するには 1. [ファイル]→[名前を付けて保存]コマンドを使用します。…

問題のあるファイルのトラブルシューティング

プロジェクトでエラーが発生し、テクニカルサポートが必要となった場合、サポート担当者が問題のあるプロジェクトファイルを表示できると、問題をより効率的に解決できます。関連ファイルは、クライアントマシンだけでなく、BIMcloud/BIM Serverの各種フォルダでも確認できます。…

ライセンス借用

企業が複数の(ネットワーク)ライセンスを所有して、ArchiCADまたは他の GRAPHISOFT プログラムを使用する場合、ライセンス借用機能を使用すると、個々のユーザーが社外で使用する場合に、ネットワークに接続しなくてもライセンスキーを一時的に「借用」してソフトウェアの使用を有効にすることができます。 ライセンス借用は、企業がCodeMeterネットワークプロテクションを使用する場合に利用できます。…

ネットワーク経由でプロジェクトを開く

開こうとするファイルが既にローカルネットワーク上の別のユーザーによって使用されている場合、警告が表示され、そのユーザーの名前が通知されます。これは、[共有設定]コントロールパネルで定義した名前(Macintosh)、またはコンピュータ名として定義した名前(Windows)です。 次のオプションがあります。 ファイルを読み取り専用として開く 排他的アクセスでファイルを開く ファイルを開く操作を取り消す…

アドオンとVIPアドオンツール

アドオンは、ArchiCADのコア機能を拡張するアプリケーションです。数多くのアドオンが、ArchiCADメニューコマンドとして統合されています。 VIPアドオンツールは、ArchiCADのデフォルトインターフェイスに組み込まれていないVIPserviceご契約者様へ提供されるアドオンです。 「 VIPアドオンツール」を参照してください。 アドオンの管理 [オプション]→[アドオンマネージャ]コマンドを使用して、アドオンマネージャを開きます。 「 アドオンマネージャ」を参照してください。…

作業単位

現在のプロジェクトの作業単位を設定するには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]から表示されるダイアログボックスを使用します。 サーバーからチームワークプロジェクトを開く場合、作業単位のデフォルト値は、チームワークプロジェクトを作成するために使用するテンプレートに基づいて設定されます。ただし、この作業単位は、チームワークプロジェクトの作業中に自由に変更できます。作業単位の設定は各ユーザーに固有であり、変更内容の送受信時にサーバーには保存されません。 この各コントロールの詳細は、「…

プロジェクトの場所とプロジェクトの北

プロジェクトの地理的な位置関係を決定するには、[プロジェクトの場所]ダイアログボックスを使用します。 場所の設定は、次の項目にとって重要です。 エネルギー評価機能の実行 3D表示、カメラビュー、レンダリング、および日影シミュレーション用に太陽の位置を計算 場所の設定で決定したプロジェクトの北の値を参照するArchiCADライブラリ部品 「 プロジェクトの北」を参照してください。 高度が考慮されるGoogle Earth Connectionアドオン…

プロジェクト設定

[オプション]→[プロジェクト設定]メニューには、[プロジェクト設定]タブページがあります。このページでは、作業中のプロジェクトに固有の標準と作業方法を設定します。この設定は、プロジェクトと一緒に保存されます。 注記:作業単位とチームワークプロジェクト設定は別のダイアログボックスに表示されます。これも[オプション]→[プロジェクト設定]メニューから開きます。 別のユーザーが自身のコンピュータでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。…

スケール

現在有効なウィンドウのスケールを設定するには、[ドキュメント]→[平面図のスケール]コマンドを選択します(コマンド名はどのウィンドウが有効であるかによって異なります)。 ウィンドウごとに、スケールを個別に有効にすることができます。 ポップアップリストから標準スケールを選択するか、非標準スケールを入力フィールドに入力します。ウィンドウの名前は、ダイアログボックスのタイトルバーに表示されます。     &nbsp…

属性

ArchiCAD の属性は、プロジェクトに使用できる定義済みの設定グループです。例えば、線種と材質はプロジェクト要素を作成するときにその多くに適用できる属性です。これらの属性には、適切なダイアログボックス内でアクセスします。ポップアップメニューの表示は、[オプション]→[属性設定]で定義できます。 ArchiCAD には、属性のデフォルト設定が付属します。ほとんどのユーザーの場合、このデフォルト属性セットだけで設計の必要事項を十分に満たすことができます。…

ライブラリ

ライブラリについて ライブラリマネージャー ライブラリを使用する場合の推奨事項 埋め込みライブラリ リンクされたライブラリ BIMcloud/BIM Serverライブラリ ライブラリを再ロード/更新する プロジェクトからライブラリを削除 ライブラリに関するトラブルシューティング 欠落したオブジェクトとライブラリロードレポート ライブラリコンテナファイル ライブラリ更新

お気に入り

お気に入り機能を使用すると、構成したツール設定に名前を付けて保存できます。このお気に入り設定を有効なツールに対する現在のデフォルトとしてロードして、特定の要素をいつでも再現できます。 お気に入りは、プロジェクトファイルと一緒に保存されます。 お気に入りとして保存される設定には、以下の項目が含まれます。 線種、塗りつぶしパターン、ペンカラー、材質の選択などの要素の属性。 ライブラリ部品の場合は、ライブラリ部品の名前。…