相互運用性

異なる部門間のデータ交換

ArchiCADに導入された新機能により、構造設計者や機械エンジニアなどの他の専門家と設計担当者とのコラボレーションの効率性は向上し続けています。このようなコラボレーションを実現するには、建築モデルの情報、設計のソリューションや提案などを共有および保存する信頼性の高い方法が必要です。さらに、プロジェクトの参加者が建築モデルに実施した全ての変更内容を管理すると同時に、人為的なエラーを最小限に抑える方法も必要です。…

ファイルの処理と変換

ArchiCADは、インテリジェントな3Dモデリング、汎用的な2D図面、ドキュメント、画像の形式など、主要な全てのモデル形式とデータ交換形式、ならびに特殊な形式をサポートします。 ArchiCADで開くことができるファイルタイプ ArchiCADで保存するファイルタイプ ファイルをArchiCADに結合 PDFドキュメントの操作 DWG/DXFファイルの操作 IFCの操作