基本操作の紹介

ナビゲーション

ArchiCADのウィンドウ間を移動する ズーム ビューの方向変更 ウィンドウに合わせる スクロール ナビゲータプレビュー(2D) 3Dウィンドウでのナビゲーション ナビゲータパレット オーガナイザパレット

高さ

座標情報の高度の値 入力中、新しく作成した要素の高度を確認するには、座標情報のZフィールドを参照します。 標準ツールバーにある座標情報のドロップダウンメニューで、[座標情報にZを表示]を有効にする必要があります(このコマンドは編集/入力中も使用できます)。 吸引機能を使用して壁、柱、梁、またはオブジェクトを入力する場合、Z値には基盤となるスラブ/シェル/屋根/メッシュの高度値が反映されます。 「 吸引」を参照してください。…

選択項目

要素を選択する 選択に関するフィードバック 要素情報の強調表示 要素情報のポップアップ(情報タグ) インテリジェントカーソル 要素の選択の解除 要素の検索と選択 選択範囲まで拡大 選択セットの編集 選択セットを保存してアクセスする 矩形選択範囲

画面入力の補助機能

インテリジェントカーソル 選択に関するフィードバック 座標情報 ルーラー 計測 通り芯設定 グリッドスナップ機能 参照線 3Dウィンドウの編集中の平面 吸引 マウスの移動制御 座標のロック 相対組み立て法 既存の要素にスナップ 特殊スナップ点 カーソルスナップ範囲

要素の編集

編集の基本操作 選択セットの編集 操作をキャンセル ペットパレット 要素の移動 全ての辺をオフセット 2つの要素の交差 要素を整列 要素を分配 要素のサイズの修正 分解 要素の複製の作成 ドラッグ&ドロップ パラメータの転送 要素のグループ化 要素のロック/ロック解除 表示順序 マジックワンド 図面ウィンドウで線および塗りつぶしを整理する