バーチャルビルディングのビュー

ArchiCADモデルビュー

ArchiCADのモデルビューについて モデル表示オプション(MVO) 平面図ウィンドウ フロア 平面図の切断面(グローバル設定) 平面図で個々の要素を表示するには 3Dウィンドウ 断面図 立面図 展開図 3Dドキュメント 詳細図 ワークシート ArchiCADでマーカーを管理する 一覧表 プロジェクトインデックス

モデル表示オプション(MVO)

モデル表示要素の表示と出力は、[ドキュメント]→[モデル表示]→[モデル表示オプション]でグローバルに設定できます。 モデル表示オプションは、プロジェクトを通して、組み立て要素、塗りつぶしとゾーン、および特定のGDLオブジェクトの画面上および出力表示に影響を与えます。 モデル表示オプションは、3Dウィンドウの表示または出力には影響しません。…

表示オプション(スクリーン)

[表示]→[表示オプション]コマンドは、環境設定に従って、画面上で表示または非表示にできる(一般的に編集に役立つ)項目のリストを生成します。このリストの他の項目を使用すると、線の太さのオプション間、および塗りつぶしのベクトル表示とビットマップ表示の間を切り替えることができます。 これらの全てのオプションが影響を与えるのは、平面図の要素表示のみです。ただし、[切り取りボディを表示]オプションは、3Dウィンドウの屋根とシェルにのみ適用されます。編集中の平面は3Dウィンドウに表示されます。…

躯体表示

躯体表示機能を使用すると、構成要素の定義方法に応じて、さまざまな方法で組み立て要素を表示できます。 例えば、他のデザイナやエンジニアとの共同作業時に、非構造体の壁を無視し、複雑な要素の構造体の構成要素のみを表示/出力したい場合があります。 [ドキュメント]→[躯体表示]を使用すると、これらの設定を行い、設定を現在のウィンドウに適用して、ビューごとに個別に設定を保存できます。…

リノベーション

リノベーション機能について リノベーションステータスを要素に割り当てる リノベーションフィルタ 上書きスタイル リノベーションビューを作成するためのベストプラクティス 特殊なリノベーション状況のワークフロー リノベーションステータスをリセット