ドキュメンテーション

塗りつぶし

塗りつぶしについて プロジェクトの全ての塗りつぶし 塗りつぶしポップアップでの塗りつぶしの使用状況の定義 塗りつぶしカテゴリ 切断塗りつぶしの割り当て 表面塗りつぶしの割り当て 作図塗りつぶしの描画 塗りつぶしに面積数値を追加 [塗りつぶしの設定]ダイアログボックス 塗りつぶし表示モード:ベクトル表示とビットマップ ベクトル塗りつぶしの表示 ベクトル塗りつぶしまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きの設定 無地塗りつぶしの新規作成 シンボル塗りつぶしの作成または編集 グラデーション塗りつぶしの使用…

下書き

作図要素は、線、ホットスポット、画像、および図面などの2次元要素のことです。図面以外は、リストビューには表示されません。 作図要素には、次のような用途があります。 組み立てツールでモデルを作成する必要のない詳細な図面 組み立て要素の位置決めと作図の支援 輪郭として、マジックワンドツールを使った複雑な3D形状の生成 特に、断面/立面/展開図、および3Dドキュメントウィンドウ、または詳細図およびワークシートでの装飾や細部の仕上げ…

注釈

注釈要素は、参照する要素について、または独立した情報要素として、2Dビューで数値またはテキストデータを表示します。 寸法は、平面図と断面/立面/展開図、3Dドキュメント、およびワークシート/詳細図ウィンドウで寸法ツールを使用して、組み立て要素と作図要素に追加します。 通り芯ツールを使って、通り芯を個別に配置したり、グリッドシステムに配置できます。通り芯はモデルの一部で、複数の要素を配置したり、モデル内の位置を確認するための編集可能なフレームワークとして機能します。…

レイアウトブック

各ArchiCADプロジェクトファイルには、レイアウトブックが含まれています。内容は、ナビゲータまたはオーガナイザパレット上のレイアウトブックマップ内にツリー構造で表示されます。 プロジェクトのレイアウトブックにアクセスするには、ナビゲータまたはオーガナイザ内の[レイアウトブック]をクリックします。…

改訂管理

ArchiCADプロジェクトを進める過程において、さまざまな場面でいくつものレイアウトのセットを作成することがあります。作成した各バージョン間でモデルは異なり、レイアウトも異なります。改訂管理を使用することで、変更やレイアウトの改訂、バージョンの経過状況を把握することができます。 改訂管理のワークフロー 変更の操作 レイアウト改訂へのフィードバック 改訂ID バージョン管理 変更リストおよびバージョン記録 発行機能を使った改訂 外部ファイルに由来する変更

発行

出力は建築設計作業の最終成果物です。ArchiCADには、印刷処理、プロット処理、および電子発行処理に関して様々な機能が用意されています。 現在の画面上のビューをすばやく出力するには、ArchiCADの[ファイル]メニューから[印刷]/[プロット]コマンドを直接使用します。[印刷]および[プロット]ダイアログボックスには通常のオプションが用意されています。…

計算

ArchiCADの組み立て要素の統合データベースを使用して、プロジェクト内の要素の数、数量、および構成要素や各要素の空間的配置(ゾーン)をリスト形式で表示できます。この章では、計算プロセスに関する基本的な概念について説明し、使用可能なリストタイプを挙げます。 このセクションに記述するレポート生成プロセスは単純な出力機能です。事前定義されたリストテンプレートを使用して、単純なリストを生成します。[計算単位/規則]ダイアログボックスのオプションを使用して、計算の設定を行います。 「…