コラボレーション

建築設計の作業では、数人のユーザーとチームが 1 つのプロジェクトで効率的に共同作業できることが基本的に必要となります。ArchiCAD のチームワークはこのニーズを満たすように最適化されており、特に現代の多国籍チームの要求を満たすよう設計されています。
設計者は、各作業者間の連携や、他のソフトウェアを使用する専門家との連携を必要とします。また、施主に対する迅速な連絡の重要性も高まっています。ArchiCADの高度なコラボレーションツールは、これらの課題に対処するように設計されています。
次のセクションでは、ArchiCAD のコラボレーション機能について記載しています。

サブトピック

チームワーク

ArchiCADのチームワークについて GRAPHISOFT BIM Server:機能と長所 準備と設定 チームワークプロジェクトの参加または退出 チームワークプロジェクトを開く/参加 チームワークプロジェクトを閉じる ローカルコピーを保存 ローカルチームワークデータを管理 オンライン/オフラインで作業 アタッチ解除モードでの作業 チームワークプロジェクトへのリモートアクセス チームワークインターフェイス 要素を確保する プロジェクトデータ(要素以外)を確保 全ての要素とデータを確保 作業領域を調査…

ホットリンクモジュール

ホットリンクモジュールについて モジュールの作成 モジュールの配置 複数階ファイルのモジュールを配置する モジュールの内容の編集 ホットリンクの管理 モジュール:マルチプラットフォームの問題 チームワークのホットリンクモジュールとXREF

プロジェクトレビューアー

プロジェクトレビューアーはJavaアプレットであり、発行機能を使用してArchiCADで保存したDWF、JPG、GIF、およびTXTファイルを表示できます。DWFファイルにレッドライン情報を追加できます。…

プロジェクトのマークアップ

プロジェクトのマークアップについて プロジェクトのマークアップのインターフェース プロジェクトのマークアップでBCFを使用する場合のワークフロー マークアップを使用したバージョン管理 チームワークとプロジェクトのマークアップ [マークアップスタイル]ダイアログボックス