エネルギー評価

エネルギー評価がArchiCAD環境に統合されたため、簡単なワークフローを使用してあらゆる規模のプロジェクトで建築物の動的エネルギー計算を実行できます。
ArchiCAD のエネルギー評価では、規格に準拠したEcoDesigner Starアドオンと同じ動的ビルディングエネルギーシミュレーション技術が使用されており、設計担当者は、このエネルギー評価ツールを使用して、建築物のエネルギー性能に影響を与える全ての建築設計パラメータを監視および管理できます。エネルギー評価ツールは、設計プロセスのあらゆる段階で信頼性の高い動的エネルギー評価を実行できるため、設計担当者は建築物のエネルギー効率に関する情報を十分に検討して決断を下すことができます。建築設計ワークフローにエネルギー評価を含めると、エネルギー効率の規制や建築物のエネルギー基準に準拠したプロジェクトを簡単に構築できます。
[エネルギーモデル再検討]パレットを使用して、ArchiCAD BIMから複数のヒートブロックの建築エネルギーモデル(BEM)を直接作成して視覚化します。
モデルベースのソーラ解析を使用して、外部のガラス開口部それぞれの、基準年の毎時の日射強度を算定します。これには、周囲の環境(建築物、植物など)の日陰の影響や日除け部材も考慮します。
ArchiCADのモデル形状と材質特性をIFC経由またはXLSスプレッドシートとしてエクスポートして、外部のエネルギー分析アプリケーションで処理します。
ArchiCADに搭載されたVIP-Coreエンジンを使用して、動的エネルギーシミュレーションを実行し、エネルギー性能レポートを作成します。このレポートにより、プロジェクトの年間エネルギー消費量、二酸化炭素排出量、および年間エネルギー収支に関する情報が得られます。
エネルギー評価機能の詳細は、以下のセクションに記載されています。

サブトピック

エネルギー評価ワークフロー:概要

エネルギー評価のための建築BIMの準備 ヒートブロックを定義する モデル形状と材質特性の自動分析 追加データの割り当てと入力によりBEMを完成させる 建築物のエネルギー性能を評価する

建築エネルギーモデルの再検討

[エネルギーモデル再検討]パレットは、ArchiCADのエネルギー評価の中心的なユーザーインターフェイスです。3 つのタブページが用意されており、ビルディングエネルギーシミュレーション用の入力データが表示されます。これらのタブページを使用して、情報を編集し、計算用入力データに情報を追加します。 [エネルギーモデル再検討]パレットには、主要な3つのタブページに加え、以下のオプションや機能も用意されています。 機能ボタン: エネルギーモデル再検討オプション…

追加データの割り当てと入力

BIMから直接取得する情報に加え、エネルギー計算に必要な2つの入力データタイプがあります。 スペースバウンダリ(構造と開口部)の特性設定 補助データ割り当て/入力 これらの入力データについては、以降のセクションで説明します。 ヒートブロックの特性設定 構造の特性設定 開口部の特性設定 気候データ 環境設定 オペレーションプロファイル ビルディングシステム エネルギー源換算係数 エネルギーコスト…

エネルギー性能評価

エネルギーシミュレーションを開始 アドバイスメッセージ エラーと適切な解決方法 VIP-Core動的シミュレーションエンジン [評価レポート]ダイアログボックス エネルギー性能評価-PDF版レポート エネルギー性能評価-XLS版レポート