チームワーク環境のカスタマイズ

チームワーク環境のカスタマイズ

サーバー内容のリモートおよびセントラル管理

大規模会社の階層的なワークフローでは、プロジェクトサーバー、ファイル、ライブラリ、ユーザー、およびユーザーの役割と権限を継続的に管理するCADマネージャが必要です。ArchiCADのチームワークは、ローカルまたはリモートでBIMcloud/BIM Serverの管理を可能にする、BIMcloud/ BIM Server用のブラウザベースの管理インターフェースを提供しています。これにより、複数の事務所を抱える会社でも会社全体に渡って社内標準を導入することが可能になります。

サブトピック

GRAPHISOFT BIMcloud/BIM Server

GRAPHISOFT BIMcloud/BIM Server GRAPHISOFT BIMcloud/BIM Serverは、チームワークプロジェクト、ユーザー、役割と権限を処理し、ArchiCADクライアントおよびBIMcloud/BIM Serverの間のデータ通信を管理するスマートなアプリケーションです1つのBIMcloud/BIM Serverで複数のプロジェクトとユーザーをサポートできますが、1つの事務所内に複数のBIM Serverまたは、1つのBIMcloudを設定して、データコミュニケーションのパフォーマンスを向上させることも可能です。BIMcloud/BIM Serverはリモートで管理できるため、CADマネージャは会社内の全てのBIMcloud/BIM Serverを中枢管理できます。…

プロジェクト

プロジェクト 全てのチームワークプロジェクトを管理するには、BIMcloud/BIM Server Managerを使用します。既存のプロジェクトは、削除または新規プロジェクト作成用のテンプレートとして使用できます。プロジェクトは[エクスポート]ボタンを使用して異なるサーバー間で移動できます。複数の事務所を抱える会社では、1つのセントラルサーバーに標準テンプレートファイルを格納しておけば、それを他の事務所に配布できます。[プロジェクト設定]ダイアログにより、管理者はユーザーをプロジェクトに追加したり、その役割の変更を行うことができます。プロジェクトログへのアクセスも[プロジェクト設定]ページから行います。このログには、ログインや送信/受信動作などのプロジェクトイベントがリストされます。…

ユーザー

ユーザー BIMcloud/BIM Server Manager内の[プロジェクト]ページの[アクセス]パネルには、各種プロジェクトのアクセス権限を持つユーザーが、その役割とともにリストされます。デフォルトでは「全員」がプロジェクトにアクセスできます。この「全員」とは、サーバー上で定義された全てのユーザーを含む特別なグループユーザーです。全員をユーザーとして保持する場合でも、個別に追加したユーザー名にこのプロジェクトでの別の役割を与えることが可能です。 このフレキシブルな設定により、小規模会社ではユーザーの役割や権限を定義しなくてもたった1回のクリックで新規プロジェクトを開始でき、また大規模会社ではユーザー権限に対して厳密な制御を維持できます。 チームワークのユーザー設定…

役割

役割 プロジェクトチームの主要な役割は、BIMcloud/BIM Server Managerの[役割]ページで定義できます。デフォルトの役割には、閲覧者、製図担当者、設計担当者が含まれますが、自分のチーム設定に最適な役割を新規に定義することもできます。各役割に対して、それに割り当てる権限をカスタマイズできます。例えば、製図担当者は全ての組み立て要素を作成および修正できますが、プロジェクトの属性の修正は許可されません。[役割]ページにあるこの非常に詳細な定義テーブルを使用して、大規模会社の管理者は全てのチームユーザーの役割を正確に記述して規定することができます。 チームワークの役割設定 ArchiCAD機能へのアクセスはユーザー役割設定によって制御されます…

チームワークのライブラリソリューション

チームワークのライブラリソリューション チーム作業では、ライブラリの適切な管理が非常に重要です。チームワークプロジェクト内のライブラリ部品の欠落や更新漏れを避けるために、ArchiCADでの主なライブラリの扱い方を理解しておく必要があります。 ファイルをアーカイブしてライブラリ部品を抽出しなくてもライブラリ部品にリモートアクセスできるようにするために、ArchiCADのライブラリマネージャーは、以下のロジックを使用します。 ArchiCADライブラリマネージャー…