ARCHICAD 19の教育版または体験版のライセンスファイルが破損しています

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2015年7月23日

問題

ARCHICADを再起動すると、入力された教育版または体験版のシリアル番号に誤りがあり、教育版または体験版のライセンスファイルが破損していることを示すエラーメッセージが表示されます。
教育版 破損ファイル

原因

ARCHICADは32ビットJavaでのみ動作します。最新バージョンの64ビットJavaをインストールすると、ARCHICADでエラーが発生します。結果として、誤りのあるライセンスファイルが作成されます。

回避策

  1. マシンからJava 64ビットをアンインストールして、Java 32ビットのみを残します。
  2. ARCHICAD 19フォルダにある破損したeducation.licまたはtrial.licファイルを削除します。
  3. ARCHICADを起動して、再びシリアル番号を入力します。

解決方法

GRAPHISOFT社では、この問題を修正し、電子版配布サイトで公開済みのインストーラパッケージを置き換える予定です。また、MyARCHICADでも数週間以内に公開する予定です。まだ公開されていないローカライズバージョンも、この修正プログラムを適用して公開する予定です。