ARCHICAD 19を教育版・体験版として設定する手順

by Tatsuro Kawai · 最終更新日: 2016年1月4日

ここでは、ARCHICAD 19を教育版または体験版として利用する方法を解説します。
ARCHICADのインストールを完了してから、MyArchiCAD.comにログインし、シリアル番号を取得してください。

myac-myproduct


1. ダウンロードしたインストレーションファイルを起動し、ARCHICADをインストールします。

2. ARCHICADを起動した後、次のダイアログが表示されますので、取得したライセンスタイプを選択し、[次へ]をクリックします。

  • 学生/教員/アカデミックは「教育版ライセンスを取得」
  • プロフェッショナルは「体験版ライセンスを取得」

myac-SelectLicense

3. ①「ユーザーID」、② MyARCHICADウェブサイトの個人情報ページに表示されるシリアル番号を正確に入力してください。。ユーザーIDはMyArchiCAD.comの登録する際に使用したメールアドレスとなります。シリアル番号を入力する際には、数字の「0」とローマ字の「O」などの打ち間違いに注意してください。MyArchiCADに表示されているシリアルを、コピー(Ctrl+Cキー)と貼り付け(Ctrl+Vキー)を使用して、シリアル番号を入力することをお勧めします。

 注意:アカデミックラインセンスをご利用の場合は、専用のユーザーIDが割り当てられますので、MyArchiCAD.comのマイプロダクトにてご確認下さい。

myac-sn

入力後、[ArchiCADを再起動]をクリックします。

これでARCHICADのセットアップは完了です。但し、ライセンスの有効期間が過ぎた場合、デモ版となり「データの保存」等の機能が使えなくなります。教育版をご利用の方は有効期間が過ぎる前に、MyArchiCAD.comから「ライセンスの更新」の手続きを行ってください。教育版はライセンスの有効期限の30日前に更新が可能になります。MyArchiCADにログインすると、トップページに更新の案内が表示されます。

/!アクティベーションプロセスに関するトラブルシューティングを確認する場合は、こちらをクリックしてください。

必要なJavaのバージョン

現在のJavaのバージョンを確認するには、コントロールパネルを開き、[プログラム] → [プログラムと機能]の順に選択します。

java64ビットのJavaもインストールされている場合(「(64 bit)」が表示されない場合は、インストールされているのは32ビットのみです)、これをアンインストールしてから、教育版または体験版ライセンスのアクティベーションを実行してください。