BIMx Web Viewer – BIMx Model Transfer site 新機能

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月20日

はじめに

BIMx Model Transfer siteの新機能であるBIMx Web Viewerは待望のブラウザベースのBIMxビューワーであり、WebGLテクノロジーをサポートする全ての主要なブラウザと互換性があります。

このViewerは、アプリケーションやブラウザのプラグインをインストールする必要はなく、またモデルデータをローカルに保存せずにアップロードされた BIMx Hyper-modelの全てのコンテンツにアクセスできます。ブラウザウィンドウからすぐに操作を始められます。

ハイパーモデルのプレビュー画像の中央の再生シンボルを押すと有効にできます。

コンテンツにアクセス

ハイパーモデルのコンテンツは、左上の“インデックスを開く”をクリックすると表示されます。ハイパーモデルのインデックスのユーザーインターフェースはBIMxモバイルアプリ同様です。

インデックスからどの3Dモデルもしくは2Dレイアウトでも選択でき、“ビューをクリック”すると、それらの表示できます。





 

インデックスから項目を1つ開くと、様々な表示オプションを選択できます:

画面中央上部の“i”のシンボルを押して、プロジェクト情報をご覧ください。

 

操作方法

下部のボタンを使用します:

“次へ”“前へ”: これらのボタンを使用委s手2Dレイアウトを移動します。ハイパーモデルのインデックスのフォルダ内の最後の項目から次のフォルダを参照せずにそのフォルダの最初の項目にジャンプできます。

“ヘルプ”: ヘルプを開くには、3D、2Dに表示される“?”のシンボルを押します。 閉じる場合は、右上の“X”を押します。また、詳細なガイドはこちらからアクセスできます。

“設定”: “設定”ボタン(歯車アイコン)は 3Dナビゲーションのせってです。

“実際のサイズ”: 100%にズームされて表示されます。

“画面に合わせる”: レイアウトや3Dモデルの内容全体が画面全体に表示されます。

“新しいウィンドウでハイパーモデルを起動”:ブラウザの新しいウィンドウで開きます。

“フルスクリーンに切り替える”:ハイパーモデルをフルスクリーンで表示します。Escキーを押して終了します。

 

ハイパーモデルを埋め込む

ARCHICADの保守契約(SSA)をお持ちの方は、特別なHTMLコードスニペットを「埋め込みハイパーモデル」ウィンドウからコピーして、ご自身のウェブサイトにコードを埋め込められます。