ネットワーク環境

by Yasuyuki Takahashi · 最終更新日: 2017年9月25日

関連バージョン:v19以降

アドレス

ドメイン名またはIPアドレス

サーバー製品をインストールする前に、クライアント(ARCHICAD、BIMx)と他のサーバー(BIMcloud)がどのようにサーバーにアクセスするかを確認ください。不要な作業を避けるための長期的な解決策を計画してください。インターネット上で通信する可能性がある場合は、必要なセットアップがあるかどうかを確認ください。

BIMcloud/BIMサーバーの使用方法に応じて、次のアドレスタイプを使用できます:

適用バージョン v19、v20、v21
混合(内部、外部) FQDNまたは固定IPアドレス
内部のみ FQDNおよび/または固定プライベートIPアドレス
外部のみ FQDNまたは固定IPアドレス
  • IPv6はサポートされていません。常にIPv4アドレスを使用してください。
  • IPアドレスを使用する場合は、静的であることを確認してください。
  • 127.0.0.1はローカルホストの特別なループバックIPです。それは “このコンピュータ”を意味します。サーバーがインストールされているコンピュータでBIMcloudマネージャーを開くことはできますが、ARCHICADでプロジェクトを共有したり、BIMcloudサーバーをペアにすることは避けてください
  • バージョン19から、BIMcloudにアクセスするために異なるアドレスを使用できます。これは、BIMcloud Manager /Server接続の設定で設定できます。

 BIMサーバー20の接続設定

内外の混在

シナリオ:サーバーは、ローカルエリアネットワークとインターネットの両方からアクセスされます。

バージョン19以降は、固定IPが必要で、BIMcloudを実行するコンピュータにはFQDNが推奨されています。

内部使用のみ

シナリオ:サーバーはローカルエリアネットワークからのみアクセスされます。

この場合、コンピュータのFQDNまたは固定プライベートIPを使用できます。

外部使用のみ

シナリオ:典型的な例は、インターネット上で常にアクセスされるクラウド(Microsoft Azure、Amazon、Googleなど)でホストされているコンピュータです。

この場合は、コンピュータのFQDNまたは固定のパブリックIPアドレスを使用します。

URLの形式

BIMcloud Managerにアクセスするには、Webブラウザを開き、結合されたアドレスとポートをブラウザのアドレスバーに入力します。デフォルトのポート番号については、「ポート」を参照してください。アドレス形式の例:

http://server.company.com:port

http://IPaddress:port

ARCHICADと同じバージョン、製造番号を使用してください。バージョン19以降、BIMcloudマネージャーの接続設定でさらに多くのアドレスを追加できます。

 

※あなたの会社のIT担当者は、これらの質問にすべて答えられるはずです。以下のヒントは、基本をカバーするのに役立ちます:

DNS名、ホスト名

  • Mac
    • システム環境設定 >共有 >コンピュータ名
  • Windows
    • このPC > >右クリックします。プロパティ>完全なコンピュータ名

パブリックIP

  • Google検索で「パブリックIPアドレス」を検索します。あなたのパブリックIPアドレスを返します。

プライベートIP

  • Mac:
    • システム環境設定>ネットワーク
    • 端末で ifconfig コマンドを実行する
  • Windows:
    • コントロールパネル > ネットワークと共有センター > 接続 > の横にあるテキスト「詳細」をクリックします。
    • コマンドプロンプトで ipconfig コマンドを実行する

 

ポート

GRAPHISOFTサーバー製品は、次のデフォルトポートを使用します。関連するすべてのファイアウォールでこれらのポートを開き、必要に応じてインターネット経由でパブリックアクセスするためにルーターの設定で転送します。

  • サーバー側では、受信ポートを開く必要があります
  • クライアント(ARCHICAD)側では、送信ポートを開く必要があります。

 /!同じコンピュータに複数のBIMサーバーがインストールされている場合、異なるバージョンのポートを設定してください。

BIMcloudで使用されるデフォルトポート:

アプリケーション v19 v20 v21
BIMcloud Manager 19000 20000 21000
BIMcloudサーバー 19001 20001 21001
BIMcloudデルタキャッシュ* 9921 9921 9921

※BIMcloudデルタキャッシュはローカルキャッシングサービスであるため、このポートをホストコンピュータ上の外部ファイアウォールでのみ開く必要はありません。

プロトコルと暗号化

BIMcloudコンポーネントは、標準のHTTPプロトコルを使用してARCHICADおよびBIMxと通信するWebサーバーです。

オフィスにHTTP転送プロキシを設定している場合は、チームワークに関連する通信を許可するように設定してください。

ネットワークトラフィックを暗号化するには、次の方法があります。

  • HTTPSを使用して通信を保護します。このためには、ARCHICADとサーバーの間のSSL暗号化を実行するサーバー側でリバースプロキシが必要です
  •  VPN を使用すると、通信を暗号化します

推奨帯域幅

チームワークの適切な運用には、高速ネットワーク接続が必要です。チームワークのトラフィック量はできるだけ少なくしますが、参加プロセス中にすべてのARCHICADユーザーは、プロジェクト全体と影響を受けるライブラリをBIMcloudからダウンロードする必要があり、大量のネットワークトラフィックが発生する可能性があります。理論的にBIMcloudは非常に低帯域幅のネットワーク上で動作することができますが、低帯域幅接続でチームワークを使用する場合は、より多くの忍耐が必要です。

以下のプロジェクト規模に基づいて、帯域幅の推奨値を参照してください。

プロジェクトのサイズ 帯域幅
(アップロード/ダウンロード)
アップロード/ダウンロード速度
100 – 300 MB 10/10 Mbps 〜1 MB /秒
300 MB〜2 GB 100/100 Mbps 〜12 MB /秒
2 GB以上 1/1 Gbps 125 MB /秒

{i}注:

  • プロジェクトのサイズは、共有されたPLNファイルではなく、プロジェクトデータベースのサイズを参照します。プロジェクトデータベースは、一般的にPLNファイルの4〜5倍です。
  • 帯域幅の値は理論上の最大値を参照するものではなく、全員がオフィスで働いている一般的な状況では、ARCHICADユーザーあたりの実測帯域幅を表しています。したがって、たとえば10人のユーザーが100〜300 MBのサイズの10種類のプロジェクトを同時にダウンロードしたい場合、許容されるダウンロード速度を得るには少なくとも100/100 Mbpsの接続が必要です。
  • サーバー側でアップロードとダウンロードの両方の速度が高い必要があります。

待ち時間の推奨

レイテンシが高いほど、サーバーとクライアントコンピュータ間の往復速度が遅くなります。遅いラウンドトリップは、クライアントとサーバーの間で多くのパケット交換を必要とする操作、例えば送信と受信の操作に大きく影響します。レイテンシが高いと、帯域幅自体が高い場合でもチームワークのパフォーマンスが低下する可能性があります。

  • 良い:1-2 ms
  • 平均:10〜50 ms
  • 受け入れ可能:50〜100 ms
  • 不良:100 + ms(重大なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります)