権限の設定方法

by Yasuyuki Takahashi · 最終更新日: 2016年12月13日

概要

権限(役割)の割付は、ユーザーに直接行わず、ユーザーのグルーブに行っていくと便利です。
1ユーザーは複数のグループに所属する事ができます。
担当が1人の時も、グループを作り、そのグループに権限を割り付けると、担当者の変更時に、グループ内のユーザーを入れ替える事で対応できます。

ポイント

  • ユーザーの役割は「なし」で設定する。
    サーバー、ユーザー、役割、プロジェクトに直接グループを割当て、そこで権限を付与する。
  • グループに権限を付与するので、ユーザーの権限(役割)は「なし」に設定しておきます。

ユーザーの作成

役割「なし」で、ユーザーを作成します。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e7%99%bb%e9%8c%b2

グループの作成

権限を付与する単位であるグループを作成し、ユーザーを追加していきます。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc_%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a_%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc

権限の付与

実際に権限を割り当てるのは、サーバー、ユーザー、役割、プロジェクトで行います。
まず、BIMcloudでは、上位レベルの権限が、下位にも継承されるため、トップレベルの権限を管理者のみにします。
下の画面は、サーバー管理者は全ての項目を編集でき、プロジェクト管理者は全ての項目を閲覧できるという設定です。

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88

%e5%bd%b9%e5%89%b2

 

ここから、実際の権限を割り付けていきます。ここではプロジェクトを例にします。

プロジェクトは1つのモデルデータではなく、複数のモデルデータで構成される事もあるため、フォルダを作って、そのフォルダにグループと権限を割り付けていきます。
下記の画面は、Graphisoftグループが「Test」フォルダ配下のみフルアクセスの権限を持っているという意味です。

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88-%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%99

 

このように、サーバー、ユーザー、役割、プロジェクトの必要な箇所に、グループを割付、グループに必要に権限を付与するという設定を行います。