Quick Time

by Tatsuro Kawai · 最終更新日: 2016年4月22日

alt text以前のグラフィソフト製品では、Apple社が提供しているマルチメディア環境、QuickTimeを利用していました。それぞれのARCHICADバージョンでQuickTimeテクノロジーがどのように利用されているかを説明いたします:


ARCHICAD 18とそれ以降のバージョン

ARCHICAD 18とそれ以降のバージョンではQuickTimeのインストールおよび利用はしておりません。

ARCHICAD 15, 16, 17

ARCHICAD 15, 16 および 17 では、以下においてQuickTimeを利用しております:

  • QuickTime特定の画像ファイルの処理
  • フライスルーや日陰シミュレーション動画の作成

QuickTimeがインストールされていない場合:

  • 動作する機能:
    • OSでサポートされている画像ファイルの処理: JPG, PNG, BMP, TIFF, GIF
  • 動作しない機能:
    • QuickTime特定の画像ファイルの処理
    • フライスルーや日陰シミュレーション動画

ARCHICAD 14とそれ以前のバージョン

ARCHICAD 14とそれ以前のバージョンでは、以下においてQuickTimeを利用しております:

  • 全ての画像ファイルの処理
  • フライスルーや日陰シミュレーション動画の作成
  • バーチャルリアリティのシーンとパノラマビューの作成

ARCHICAD 14とそれ以前のバージョンでは、QuickTimeがコンピューターにインストールされていないとご利用いただけません。QuickTimeはソフトウェアの画像処理を扱うコアコンポーネントであるため、それなしでは起動することができませんので、ご注意下さい。

Related content

フライスルーの作成

このダイアログボックスは、[ドキュメント]→[レンダリング]→[フライスルーを作成]から開きます。 [フライスルーの作成]コマンドは、最低1つの平行投影の設定済みセットか、最低2台のカメラによる動画パスが設定されている場合にのみ有効になります。 [フライスルー]ダイアログボックスでは、フライスルーのソースと結果を設定できます。 この機能の詳細は、「 フライスルー」を参照してください。 ソース:下のコントロールを使用して、ソースウィンドウパラメータを指定します。…