Windows 8.1

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2014年6月27日

互換性のあるARCHICADバージョン

Windows 8.1

互換性のあるバージョン

  • GRAPHISOFTは、Windows 8.1においてARCHICAD 16、1718、19および接続される製品(BIMcloud、BIMx、BIMサーバー、BIMサーバーマネージャ)の互換性を維持しています。

サポートされていないバージョン

  • ARCHICAD 15以前のバージョンはWindows 8.1で実行できますが、以前のバージョンのOSで動作するように設計されています。そのため、OS特有の問題に対する正式なサポートはありません。GRAPHISOFTの経験に基づくと、ARCHICAD 15はWindows 8.1で正常に動作します。

OSブランチの互換性

GRAPHISOFT社製品はPro及びEnterprizeエディションをサポートし、またHome及びEducationalエディションと互換性があります。


アップグレードチェックリスト

  • Windows 8およびWindows 8.1の記事で、既知の問題や難点について学習します。
  • OSをアップグレードする前に、ARCHICAD/BIMサーバー固有のデータを含む全てのバックアップを作成します。32ビットから64ビットに切り替える場合は、Windowsのクリーンインストールを実行する必要があります。つまり、システムをインストールした後に、全てのソフトウェアアプリケーションを再インストールして全てのデータを移行する必要があります。
  • 全てのソフトウェアキーをライセンスプールにアップロードします。
  • OSをアップグレードする前に、全ての借用ライセンスを返却します。
  • アップグレードは余裕を持って行ってください。期限間近にOSをアップグレードしないでください。
  • Windowsをインストール/アップデートします。
  • ARCHICADをインストールします。ARCHICADインストールDVDにはARCHICADの32ビットと64ビットバージョンの両方が含まれ、自動インストーラウィザードを実行すると適切なバージョンが自動的に選択されます。
  • 新しいOSの全てのアップデートをインストールします。
  • GRAPHISOFT製品の全てのアップデートをインストールします。
  • Windows 8.1互換のプロテクションキードライバをインストールします。
  • ARCHICADおよびBIMサーバーを検証します。

既知の問題

GRAPHISOFTのテストに基づくと、Windows 8.1に新しい既知の問題はありません。Windows 8に該当する既知の問題にご注意ください。詳細については、当社のWindows 8ガイドを参照してください。