Mac OS X 10.9 Mavericks

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2014年8月26日

Mavericks

互換性のあるARCHICADバージョン

サポートされるバージョン:

  • GRAPHISOFTは、OS X 10.9 MavericksにおいてARCHICAD 16、17、18、19および接続される製品(BIMcloud、BIMx、BIMサーバー、BIMサーバーマネージャ)の互換性を維持しています。GRAPHISOFTの最初のテストに基づくと、ARCHICAD 16、17、18は、一部小さい問題があるものの10.9で通常どおり動作します。この問題については、この記事で詳しく説明します。

互換性はあるがサポートされないバージョン:

  • ARCHICAD 13~15バージョンはMavericksで実行できますが、以前のバージョンのOSで動作するように設計されています。そのため、OS特有の問題に対する正式なサポートはありません。

互換性のないバージョン:

  • ARCHICAD 12以前のバージョンは、技術的な制限によりMavericksで実行できません。

アップグレードチェックリスト

  • この記事で既知の問題や難点について学習します。
  • OSをアップグレードする前に、ARCHICAD/BIMサーバーにあるユーザー独自の全てのデータのバックアップを作成します。
    • BIMサーバープロジェクト、ユーザー、役割のバックアップが必要な場合は、 BIMサーバーマネージャを使用して全てエクポートします。
  • OSをアップグレードする前に、全ての借用ライセンスを返却します。
  • アップグレードは余裕を持って行ってください。期限間近にOSをアップグレードしないでください。
  • アップグレードの前に、現在のOSの全てのアップデートおよびARCHICADアップデートをインストールします。
  • OSをアップグレードします。
  • 新しいシステムの全てのアップデートをインストールします。

新しいコンピュータに移行する場合は、この記事の後のトピック「Appleの移行アシスタントを使用したコンピュータ間のデータ転送」を参照してください。


スタートアップの問題

10.9にアップデートした後に、ARCHICADがデモモードで開始する

アップデートを行うと、plistファイルがライブラリから削除されます。plistファイルが削除されたことにより、CodeMeter.appが起動しなくなり、ARCHICADが商用版ライセンスモードで実行されません。

回避するには、CodeMeterをアンインストールして再インストールします。新しいバージョンのCodeMeterをインストールする場合、アンインストールは不要です。
ArchiCAD license was not found

10.9にアップデートした後に、「ARCHICADライセンスが見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示される

ARCHICAD 16以前のバージョンの場合は、「WIBU-KEYドライバが見つかりませんでした(501)」というエラーメッセージが表示されることがあります。

この問題に対処するには、WIBU/CodeMeterドライバを再インストールする必要があります。

  • USBキーをコンピュータから取り外します。
  • ARCHICADインストールDVDでドライバを検索するか、GRAPHISOFTによるテストが完了した最新のバージョンをここからダウンロードできます。
  • シルバーのCodeMeterキーをお持ちの場合は、DVDのCodeMeterフォルダからCmInstall.mpkgを実行します。
  • 緑のWIBU-KEYをお持ちの場合は、WIBUフォルダから!WKInstall.mpkg を実行します。
  • インストールが完了したらコンピュータを再起動し、USBキーを取り付けます。

マウスとキーボードのフリーズ

多くのユーザーが、マウスとキーボードのフリーズを経験しています。この問題は、Logitech Control Centerに関係するようです。このような問題に直面した場合は、Logitech Control Centerをアンインストールして最新バージョンを再インストールします。

Mavericksへの移行後にBIMサーバーが起動しない

BIMサーバーの修正方法の詳細は、この記事を参照してください。


既知の問題

App Nap

AppNap App napは、貴重なバッテリー寿命を節約するのに役立つ新しい優れた機能です。バッググラウンドで実行するアプリケーションは、速度が低下します。ARCHICADをバックグランドで実行するときに(図面更新など)、フルスピードで実行したい場合があります。ARCHICADのApp napを無効にするには、次の手順に従います。

  • Finderで、ARCHICADアプリケーションを検索します:アプリケーション/GRAPHISOFT/ArchiCAD 17/ArchiCAD.app
  • appを選択し、右クリックまたはctrlキーを押しながらクリックしてコンテキストメニューを開きます。
  • [情報を見る]を選択します。
  • [App Napを切にする]チェックボックスをオンにします。

App napによってサーバーがスムーズに実行できなくなる可能性があるため、BIMサーバマネージャとBIMサーバーコントロールセンターに対してApp napをオフにします。

マルチディスプレイでの操作の変更

マルチディスプレイでの操作方法が変更されました。その結果、各ディスプレイにメニューバーが設けられ、そのディスプレイで開いた各ウィンドウでは対応するメニュー項目が使用されます。

ウィンドウをさらに多くの数のディスプレイに分割することはできません。ウィンドウは、大半の領域が表示されている1つのディスプレイにのみ表示されます。

SpotlightおよびQuicklookプラグインがクラッシュすることがある

SpotlightおよびQuicklookは、使用されるたびにクラッシュログを~/ライブラリ/Logs/DiagnosticReportsフォルダに追加します。その結果、Quicklookは動作しなくなり、.plnファイルのプレビューディスプレイがFinderで表示されなくなります。

GRAPHISOFTは解決策に積極的に取り組んでおり、次のARCHICAD 16および17ホットフィックスでその解決策が配布されます。これらのいずれによっても、ARCHICADに機能的な問題が発生することはありません。

インストーラが破損していて、開くことができない

ある状況において、インターネットからダウンロードしたGRAPHISOFT提供のdmgをマウントしようとすると、OS Xで次のエラーが表示されます:<インストール名>.app is damaged and can’t be opened.( <インストール名>.appが破損していて開くことができません。) You should eject the disk image.(ディスクイメージを取り出してください。)

installer is damaged and can't be opened

この問題は、前述のトピックに記載のように、Gatekeeperの設定を[すべてのアプリケーションを許可]に設定すると簡単に回避できます。その後、dmgが正しくマウントされます。インストールDVDのインストーラは影響を受けません。この問題は、ダウンロードしたパッケージにのみ該当するようです。

アンインストーラがdockアイコンを削除しない

ARCHICAD、BIMサーバー、BIMサーバーマネージャのアンインストーラは、アプリケーションのdockアイコンを削除できません。dockアイコンは、dockからドラッグして手動でごみ箱に入れることができます。

インストーラがアクティビティモニターに応答していないように見えることがある

インストールプロセス中に、インストーラが応答していない状態である可能性があります。しばらくお待ちください。インストールは正常に続行されます。GRAPHISOFTは、次のバージョンのインストーラをアップデートしてこの遅延を回避します。

パレット移動の問題

詳細はこちらを参照してください:Troubleshooting/PaletteDragIssue


Appleの移行アシスタントを使用したコンピュータ間のデータ転送

/! 警告:Appleの移行アシスタントを使用してユーザーデータを上位のOS Xバージョンを搭載したコンピュータに転送すること(例:OSX Mountain Lion 10.8を実行中のコンピュータAからOS X Mavericks 10.9を実行中のコンピュータBに転送)は、お勧めできません。行った場合、ARCHICADおよびBIMサーバーソフトウェアが破損する可能性があります。

最初にプロジェクトファイルとチームワークデータのバックアップを作成し、GRAPHISOFTソフトウェアを元のコンピュータからアンインストールして、OSの移行を実行してからGRAPHISOFTソフトウェアを新しいコンピュータに再インストールします。これに失敗した場合は、新しいコンピュータにOSを完全に再インストールしユーザーデータとともに全てのプログラムを最初からインストールする必要があります。


Appleハードウェア