macOS 10.14 Mojave

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年9月25日

Apple社は2018年9月24日にmacOS 10.14 Mojaveをリリースしました。


GRAPHISOFTはARCHICAD 21および22のアップデートで互換性を確保します。MacOS 10.14での今までのテストでいくつかの問題を発見し、ARCHICAD 21(7000)および22(4005)で修正をしています。

まだ判明していないいくつかの非互換性があるかもしれません。修正されていない新しい問題の報告を受けた場合は、こちらに公開し、次のアップデート(ARCHICAD 21(80xx)および22(50xx))ですべてを修正する予定です。それまでは、macOS 10.13にロールバックできるオプションを用意し、macOS 10.14に更新してください。


ARCHICAD各バージョンの互換性

サポートされているバージョン

  • ARCHICAD 22:すべての言語バージョンでサポートされています(アップデート40xx以上)。
  • ARCHICAD 22 Solo:すべての言語バージョンでサポートされています(アップデート40xx以降)。
  • ARCHICAD 21:すべての言語バージョンでサポートされます(アップデート70xx以上)。
  • ARCHICAD 21 Solo:すべての言語バージョンでサポートされます(アップデート70xx以上)。

サポートされていないバージョン(インストール可能ですが、予期しない不具合が発生する可能性があります)

  • ARCHICAD 18-20
  • ARCHICAD 18-20 Solo

互換性のないバージョン(インストールできません)

  • 17以前のARCHICAD
  • ARCHICAD 17 Soloおよびそれ以前のバージョン

既知の問題

ARCHICAD

ARCHICAD 21および22のアップデートで修正された互換性の問題:

既存の問題とOS固有の動作:

BIMcloud、BIMサーバー