Mac OS X 10.7 Lion

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2014年6月27日

サポートされるARCHICADバージョン

BIMx Shortcuts

ARCHICAD 18はOS X 10.7 Lionで動作しますが、GRAPHISOFTでは互換性の検証を行っていません。

ARCHICAD 14~17はOS X 10.7 Lionでサポートされています。

移行前に考慮する必要がある問題は、 フォントに関連するパフォーマンスの問題のみです。

ARCHICAD 19はOS X 10.7 Lionでサポートされていません。

ARCHICAD 10、11、1213バージョンはサポートされていないバージョンですが、当社の経験に基づくと、これらのバージョンはOS X 10.7 Lionで正常に動作します。

Rosetta環境のサポート終了に関する既知の問題は、次のとおりです。

  • インストールが正常終了しても、ARCHICAD 10および11のホットフィックスインストーラにエラーが表示されることがあります。
  • ARCHICAD 10および11アドオンのインストーラをOS X Lionで実行できません。以前のバージョンにJavaパッチがインストールされているか確認します:Bugs/CannotSavePdfAfterJavaUpdate

サポートされるその他のGRAPHISOFT製品

BIMサーバーおよびBIMcloud:

  • BIMサーバーv18およびBIMcloudはOS X 10.7 Lionで動作しますが、GRAPHISOFTでは互換性の検証を行っていません。
  • BIMサーバーv16およびv17 はOS X 10.7 Lionで動作します。

BIMxデスクトップビューア:

  • Mac OS X 10.7 LionはBIMx 18と互換性がありますが、GRAPHISOFTでは検証を行っていません。
  • BIMx 16および17は、GRAPHISOFTにより検証が行われ、サポートされています。

移行チェックリスト

  • Bugs/SlowTextDrawingOnLionを参照して、フォントがLionでどのように処理されるか確認します。
  • Lionへの移行後に、最新のOS Xアップデート10.7.3をインストールします。
  • 最新のARCHICADホットフィックスをインストールします。
  • コンピュータにBIMサーバーをインストールしている場合は、Teamwork/BimServerLionMigrationを参照します。
  • この記事を読んで、他の問題を認識します。

{i} Mac OS X Lionの最終リリース後に、GRAPHISOFTでは、主要なフォントに関連するパフォーマンスの問題を特定しており、新しいOSへの移行を検討するようにお勧めしています。最新のシステムアップデート(10.7.2)では、ほとんどのフォントの処理が修正されましたが、問題のあるフォントはまだあります。

Rosetta環境のサポート終了

Rosetta環境のサポートは10.7で終了しています。つまり、PowerPCプロセッサ用に開発されたアプリケーションは、Lionで動作しなくなります。その結果、ARCHICAD10がOS X 10.7 Lionで動作する最も古いバージョンとなり、ARCHICAD 6.0以前で作成されたファイルはOS 10.7で開かなくなります。PlotFlowは、PPCアプリケーションでもありますが、動作しなくなります(AC15からARCHICADパッケージに含まれなくなりました)。

PPC.png

OS X 10.7にアップグレードする前に、ARCHICAD File Convertersを使用してARCHICAD 6.0以前のファイルを移行する必要があります。

ARCHICAD 10および11ホットフィックスを実行すると、「You can’t open the application plutil because PowerPC applications are no longer supported(PowerPCアプリケーションのサポートがされなくなったため、plutilアプリケーションを開くことができません)」というエラーが表示されることがあります 。plutilのIntelバージョンはデフォルトでOS X Lionに含まれるため、これらの種類のエラーメッセージは無視して構いません。インストールは正常に終了します。

AC 10/11アドオンのインストーラはPower PCベースのコードを使用しているため、これらのアドオンをインストーラでOS X Lionにインストールすることはできません。

Lionへの移行後にBIMサーバーが起動しない

BIMサーバーの修正方法の詳細は、次を参照してください:Teamwork/BimServerLionMigration

BIMx – Virtual Building Explorerがクラッシュする

10.7ではBIMxを開いて保存できないため、ファイルダイアログを開くとプログラムがクラッシュします。

{i}これは、ARCHICAD 15の最初のホットフィックスビルド3267ですでに修正されており、ARCHICAD 14の最後のホットフィックスビルド4044でも修正されています。

[別途ArchiCADを起動]オプションでファイルを開けない

ARCHICAD 14以前のバージョンで、[別途ArchiCADを起動]オプションを使用して他のプランを開くことができません。新しいインスタンスは起動されず、応答しない状態になるため、強制終了が必要です。

複数のARCHICADインスタンスを開く場合は、[新規]の[別途ArchiCADを起動]オプションを選択して新しいインスタンスを起動すると、任意のファイルを開けるようになります。

{i}このバグは、ARCHICAD 14以前のバージョンにのみ該当します。

{i} 注記:このバグはARCHICAD 14ホットフィックス#6(4204)で修正されています。

GDLウェブコントロールをインストールできない

このプラグインはインストールできません。次のエラーが表示されます: Error: /Library/Internet Plug-Ins is not writable(Error: /Library/Internet Plug-Insは書き込みできません)。

Javaランタイム

Javaランタイムは、デフォルトではLionパッケージに含まれません。Javaを必要とするアプリケーションを最初に実行すると、自動的にインストールできます。インストールを開始すると、次のようなメッセージが表示されます。

java.png

手順に従ってJavaをインストールすると、GRAPHISOFT製品をインストールできるようになります。インターネット接続していないコンピュータの場合、AppleのWebサイトからパッケージをダウンロードして、インストールする必要があるコンピュータに転送できます。

キープラグのアップグレード

一般的に次をお勧めします:RemoteKeyUpgrade

Mac OS X Lion Javaプラグインは、Java for OS X 2012-003ソフトウェアアップデート以降、デフォルトで無効です。upgrade.graphisoft.comにエラーメッセージが表示され、「Inactive Plug-in」というテキストがサイトの左隅に表示される場合は、この記事の次の解決策を参照してください:Bugs/KeyUpgradeProblemOnLion

プロテクションキードライバの問題(CodeMeter、WIBU)

WIBUシステムでは、いくつかのLion特有の問題をCodeMeterドライババージョン4.30cで修正しているため、このバージョンへのアップグレードを是非お勧めします。ドライバはここからダウンロードできます。

ARCHICAD 15に付属のWIBUドライバは、OS X Lionと互換性があります。

インストールパッケージを作成できない

[インストールパッケージ作成]オプションを使用してARCHICADをインストールすると、結果のファイルが作成されません。

install.png

Lionでは、システムボリュームへの書き込み、およびデフォルトパスがシステムドライブのルートの場合は、認証が必要です。インストーラから出力先フォルダを指定するプロンプトが表示されたときに、カレントユーザーが書き込めるフォルダを指定します(例:デスクトップなど、ユーザーのホームフォルダ内の任意のフォルダ)。

desktop.png

この問題は、AUS、AUT、FRA、GER、HUN、INT、ITA、NZE、USAのARCHICAD 15バージョンに該当します。他の全てのARCHICAD 15バージョンには、選択したフォルダの権限をチェックする新しいインストーラが付属しています。

デフォルトでライブラリフォルダが表示されない

チームワークプロジェクトやDWG/IFC変換設定のローカルキャッシュなど、GRAPHISOFT関連の環境設定が保存されるユーザーのホームフォルダ内のライブラリフォルダが、デフォルトで表示されません。~/ライブラリフォルダを探すには、次の手順に従います。

  • Finderで[移動]メニューの[フォルダへ移動]を選択します。
  • ~/Library(または「ライブラリ」)と入力します。
  • [移動]をクリックしてライブラリフォルダに移動します。
  • または、Finderで[移動]メニューを開いてoption(alt)キーを押すと、リストにライブラリが表示されます。

テキストを入力しても文字が表示されない

ダブルクリックしてテキストボックスを作成した場合(事前に定義されていないテキストボックス)、語句が完成するまで文字が表示されないことがあります。スペースキーをを押すと、語句が表示されます。

Lionの機能

逆スクロールとズーム

Lionには、iOSデバイスでの動作と同様のスクロールを行う新しい方法があります。これにより、スクロールバーの動きではなく、マウスポインタの動きの通りにコンテンツが移動します。以前の操作にする場合は、[システム環境設定]の[マウス]/[トラックパッド]で設定を元に戻すことができます。

scrollmouse.png scrolltrackpad.png

オートセーブとバージョンがサポートされない

Lionに搭載されたAppleの「オートセーブ」と「バージョン」テクノロジはARCHICADでサポートされないため、プログラムを閉じる前に必ず作業内容を保存します (注記:ARCHICAD 15も、作業をステップごとに保存するオートセーブシステムを備えています)。

Launchpad

LaunchpadでGRAPHISOFTグループを開くと、ARCHICADアイコン(14~15)がないことがあります。また、ARCHICADの全てのアプリケーションが表示されるため、そこからARCHICADを起動するのが若干困難です。

launchpad.png

このアイコンの問題を修正するには、ArchiCAD.appを右クリック(ctrlクリック)してエイリアスを作成し、アプリケーションフォルダのルートに移動させます。エイリアスは正しいアイコンでリストされ、それを使用してARCHICADを起動できます。アイコンが正しく表示される場合は、ARCHICADアイコンをGRAPHISOFTグループから目的の位置にドラッグして配置できます。

alias.png

フルスクリーンApp

ARCHICADは新しいフルスクリーンモードをサポートしていません。

オフラインTime Machine

OSXに内蔵のバックアップツールTime Machineには、コンピュータをバックアップディスクに接続しなくても、ローカルバックアップを作成する新しい機能があります(ローカルキャッシュを作成します)。つまり、バックアップディスクを数日間接続しなくても、ファイルを復元したり、不要な変更を元に戻したりすることができます。

アクセント記号付きの文字

OSX Lionでキーを押すと吹き出しが表示され、アクセント記号やウムラウトなどの文字を選択できます(数字キーを使用)。これはARCHICADでも有効です。

accent.png


Appleハードウェアに関する記事